MENU

育毛剤・養毛剤・発毛剤の違いとは?

若い頃は髪がフサフサでも、歳をとるにつれて髪はだんだんと薄くなってきます。多くの人は、焦って育毛剤を買おうと思うようです。それでよく知識がないままドラッグストアに行って、なんとなく効果がありそうな商品を買ってきます。しかし、家の中には育毛剤以外にも髪に関する商品はたくさん発売されています。その中には育毛剤と似ているものもあります。育毛剤だと思って買ってきたのは、実は養毛剤や発毛剤かもしれません。この3つは一体何が違うのでしょうか。

 

育毛剤とは?

育毛剤は基本的には髪を育成するためのものです。髪が成長するのを促進する効果があります。育毛剤は商品によって効果が違うのはもちろん、使用方法も異なることが多いです。例えば、ミスト状のものは頭部から吹き出し口を少し離して使用します。髪が薄くなっている箇所に適量を吹き付けます。一方で、液体状のものは髪が薄くなっている部分に接触させて塗布するタイプもあります。どちらにせよ、頭皮の毛根にそれらが吸収され、髪の新陳代謝が促されます。それと、同時に頭皮の血行も良くなります。フケや菌の発生を抑えるなど、頭皮を清潔にする効果があり、その結果、脱毛を防ぐこともできます。

 

養毛剤とは?

養毛剤は育毛剤と似ていますが、脱毛を防いで髪の状態を守ることに特化しているものです。そのため、髪を維持するために必要な栄養素が多く含まれています。また、頭皮が乾燥すると薄毛が進行しやすくなるので、頭皮を保湿するための成分が多く含まれていることも特徴の一つです。適切な栄養素と保湿のための成分を髪に与え、状態を良好に保ちます。これにより、脱毛の量を減らす効果があります。

 

発毛剤とは?

発毛剤は、育毛剤や養毛剤と比較すると知名度は低いです。しかし、適切に使用すれば、それらに負けない大きな効果を期待できます。育毛剤や養毛剤はもう生えている髪に対して働きかけるものです。既に生えている髪の状態を良くすることを主目的にしています。一方、発毛剤はこれから生えてくる髪の状態を良くすることが主目的です。毛根細胞の活動を促し、毛髪が抜け落ちたときに効果を発揮します。毛根を元気にすることにより今後生えてくる髪を太くしたり抜けにくくすることができます。

 

以上のように、育毛剤・養毛剤・発毛剤はそれぞれ効使用目的が異なります。薄毛の進行を防いだり、髪の量を増やしたいのであれば、それらの違いをしっかりと理解し使い分けることが重要です。