MENU

 生え際の育毛や管理は結構難しいものです。なんせ汚れはたまりやすくて抜け毛の原因になりやすいものは多くあれど、髪の毛を育てるのは難しいと来たもので。
 そんな生え際について有効なのがミノキシジルといわれています。
どんなところがいいのか?それを紹介いたします。

 

1) ミノキシジルの血行を良くする成分が生え際に強い秘訣
 ミノキシジルは血行を良くする成分であり、髪の毛に栄養を行き届きやすくさせて、髪の毛の成長を促進させるものです。生え際というのは、おでこのあたりの筋肉の付け根にあるものですから、筋肉は収縮しているような状況が多くで、血行が良くないのです。
 ですが血行が良くなれば、血の巡りが良くなりますので、この辺りにも髪の毛に栄養が生きやすくなるのです。

 

2)ただし、ミノキシジルだけではすべてを補えない
 ただし、ミノキシジルで血行があまり良くない生え際の部分を補ったとしても、それだけでは髪の毛を育毛しきれるわけではありません。そのほかにも重要なことがあります。

 

@汚れをしっかりと取りたい
 生え際は皮脂も多く、そのほかの汚れもたまりやすいところです。そういったところですと、毛穴が詰まりやすいので、特に頭皮に直接かけるタイプのものだと、ミノキシジルは毛穴などに到達せず、効果をうまく発揮できません。
 生え際の皮脂や汚れをしっかりと落して、ミノキシジルがより効果が出るような環境を整えないといけません。

 

A生え際のDHTを抑制しないといけない
 また、生え際はDHTが発生しやすいところであるといわれています。そんな生え際のDHTを減らさないと、いくら血行をよくしても毛母細胞がやられてしまって、効果は薄くなるかもしれないのです。そうならないためにもDHTを抑制するために亜鉛や、ノコギリヤシ、アロエなどサプリメントや育毛剤でDHTを抑制する必要があるといえます。
B あとは栄養をしっかりと
 あとは食事で栄養を補いましょう。いくら血液が良く流れていても中身がないなら髪にも何ら効果はありません。髪に有効な栄養をしっかりと取って、髪の毛に必要な素材を補いましょう。