MENU

20代〜30代の男性の多くが悩んでいる薄毛やハゲ。AGAとも呼ばれています。最近になってプロペシアという薬も出てきました。プロペシアの特徴をよく知って、効果的にハゲや薄毛を改善させていきましょう。

 

●ハゲ治療に効果的なプロペシア
ハゲの治療薬はないと言われていました。1990年後半にプロペシアという薬が登場しました。ハゲてしまう原因として言われているのが.男性ホルモンのテストステロンです。テストステロンの分泌が多いと男らしく.女性にもてます。このテストステロンが、ジヒドロステロンに変わると.髪の毛が抜けていってしまいます。これが男性のハゲのメカニズムです。

 

テストステロンが、ジヒドロステロンに変わるのを防いでくれるのがプロペシアです。AGAには効果が高いと言われていて、市販されていません。育毛クリニックに通って.医師に処方せんを書いてもらわなければ手に入れることができません。

 

またプロペシアの特徴として、子供と女性は飲むことができません。女性の場合は飲んでも、発毛作用がないと言われています。

 

●怖い副作用
ハゲを直してくれる夢のようなプロペシアですが.副作用に注意をしなければいけません。特に男性機能が低下してしまうことが多いです。その他にも体が女性化し、太りやすくなったりします。

 

血圧にも影響が出やすくなったり、心臓にも悪い影響を出しやすいです。持病のある方は医師に相談をしながらプロペシアの治療するかどうかを決めていきましょう。

 

●プロペシアを使う上での注意
プロペシアは医師の処方がなければ、購入することができません。そのため、ほとんどの場合、医師が飲む量をコントロールしてくれます。医師の指示通りに飲んでいれば問題はないでしょう。

 

体調が悪くなることが多いですから、体調が悪くなった場合には、そのことをメモなどして、医師に相談しましょう。

 

プロペシアは保険の適用外ですから、一般の病院よりお金がかかってしまいます。中にはプロペシアを飲んでも効果が出ない人もいます。そのような場合には医師に、効果の出ないことを告げ、治療中止する場合も出てきます。

 

男性のハゲが治る夢のような薬、プロペシア。身体に対する副作用が大きいです。子供や女性の方は飲むことができません。医師の指示に従って、副作用があることを理解しつつ、AGAの治療をしていきましょう。