MENU

髪の毛が薄くなってしまった方に朗報です。ハゲを直してくれる薬が登場したのです。それがフィナステリドです。ドラッグストアで購入することはできませんので.クリニックに通い、医師の診断を受けてから.フィナステリドの治療を受けましょう。

 

●ハゲの治療薬フィナステリド
禿げの治療薬として登場したフィナステリド。その一方で、プロペシアという名前を聞いたことがあるかもしれません。実は、フィナステリドとプロペシアは全く同じ薬です。

 

フィナステリドの特徴として.男性のテストステロンをジヒドロステロンに変えない作用があります。ジヒドロステロンが分泌されてしまうと.ハゲが促進されてしまうのです。ハゲの原因になるジヒドロステロン抑えてくれる効果がフィナステリドにはあります。

 

フィナステリドは錠剤の形になっていて.育毛剤のように頭にふりかけるものではありません。1日1mgまでを限度にして飲んでいくというのが、一般的な使用法です。

 

フィナステリドを使って効果の高いのは発毛作用よりも.脱毛予防効果だといわれています。フィナステリドの服用してから抜け毛が減ったという割合が98%というデータもあります。

 

●代表的な副作用とは
フィナステリドには、副作用があります。服用する際には注意をしましょう。まず、男性機能の減退が見られます。女性に興味がなくなったり、夜の営みができなくなることが増えます。新婚など、子作りを考えている男性は.フィナステリドの使用は避けたほうが無難です。

 

その他にも肝機能に影響が出やすいです。その他に、胃に不快感を感じる場合があります。体に不具合を感じたら医師に相談をしましょう。

 

また、フィナステリドは男性にしか効果はなく、女性には効果を示しません。女性と子供はフィナステリドの治療を受けることができませんのでご注意を。

 

●フィナステリドを使う上で注意するポイント
フィナステリドに限らず、発毛作用のある薬は.体に大きな副作用を与えることが多いので注意をしておきましょう。

 

いくらフィナステリドでハゲが治ると言われていても、人間には体質というものがあります。効かない場合もありますからその場合は、医師と相談して治療をやめることも必要です。

 

フィナステリドは保険の適用外で、健康保険証は使えませんのでご注意を。副作用とハゲ治療に払えるコストを計算して、フィナステリドの副作用を理解した上で.AGAの治療を始めていきましょう。